レッスン上達講座!!

  • スタッフからのメッセージ
  • フィットネス
  • クラブからのオススメ

 

 こんにちは、フィットネスの中畑です(^^)/

 

 前回の記事を見た方にはわかると思いますが、

 山波トレーナーがブログ担当に加わってくれました!!

 

 私が記事を書き始めて、早1年 (゜o゜)

 1人さみしく書き続けてきましたが、、、(笑)

 ついに3月から2人体制になりました!(^^)!

 

 これからは2人の書く記事をどうぞよろしくお願いいたします!

 

 さて、今回の記事ですが、、、

 4月からスタジオが再開されました。

 様々な対策、対応のもと再開させて頂きます。

 皆様のご理解ご協力のもとで再開できたことに深く感謝しております。

 今後ともよろしくお願い致します!

 

 そんな中、さっそくレッスンに参加してくださった方も多いと思います。

 1か月ぶりということもあり、体が重たいな、この動きどういう風に

 動くんだっけ?と感じる方もいるのではないでしょうか、、、

 

 

  そんな方のために、これから何回かにわたって、MOSSAプログラムの

 解説、レッスン講座をおこないたいと思います!!

 

 写真と私の文章力で、できる限りわかりやすく説明していきたい

 と思います!分かりづらかったら直接私まで、、、(笑)

 

 さぁそれでは1発目は、わたくしも担当させていただいてる

 Group Fightの解説から行きます!!

 

 今回登場していただく方はYUSEIトレーナーです!

 

 

 

 では、今回のGroup Fightのテーマとしてはキックについてです!

  その中でも サイドキック と ラウンドハウスキック 

              に着目していきたいと思います。

 

 まずは、サイドキックです!

 ↓↓①サイドキックは、しっかり蹴る方向を向き

   腕を伸ばして胸を張ります。

  ポイント:軸足も蹴るほうをしっかり向けます

 

 ↓↓②膝を胸に引き寄せます。蹴るための準備です!

  ポイント:軸足にしっかり体重を乗せましょう!

 

 ↓↓③最後に蹴りだします。

  ポイント:足の側頭、小指側で蹴るように押し出します。

      さらにけり終わった後、②の形に戻ると最高です(^^)/

 

 

 さて、次はラウンドハウスキックです!

 ↓↓①ラウンドハウスキックは、ファイトスタンスからスタートです。

  ちなみに、サイドキックはニュートラルスタンスです。

 

 ↓↓②サイドキック同様、胸を張り蹴る方向を向きます。

   ポイント:しっかり軸足を前に向けましょう!

 

 ↓↓③踵をお尻に近づけるよう膝を上げます。

  ポイント:サイドキックとは違い、膝を真上にあげましょう。

       正面から見たとき、YUSEIトレーナーのように

       1直線になるようにします!

 

 ↓↓④最後に膝から先だけを伸ばし蹴りだしましょう!

  ポイント:足の甲で叩くように蹴ります。

       蹴った後、③の形に戻すとグットです(/・ω・)/

 

 

 最後に、サイドキックとラウンドハウスキックの決定的な違い

 をお伝えします!!!

 それは、、、

 ↓サイドキック

 

 ↓ラウンドハウスキック

 

 

 おわかりでしょうか、、、??

 

 そうです!蹴りだす前の、膝、踵の位置です!!

 サイドキック→膝が胸により、つま先が下を向いています。

 ラウンドハウスキック→踵がお尻により、膝は体の正面です。

 

 このポイントを押さえるだけでFight中のキックのかっこよさが100倍変わります(゜o゜)

 ぜひポイントを押さえていただいて、効率よく、かっこよく汗をかきましょう!!

 

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

 では次回の記事でお会いしましょう!