同世代利用者に聞きました

「スポーツクラブ、実際に通ってみていかがでしたか?」

スポーツクラブに通う利点はわかっていても、「実際に運動しているのは若い人ばかりなのでは?」「自分の体力ではついていけないのでは?」「毎日通わなきゃいけないの?自信がない」など、不安を抱える人も。そこで、実際にルネサンスでの時間を満喫している方々に、インタビューしてみました。
 

健診で生活習慣病と診断…。改善のための3ヶ月プログラムで6kgダウン!

ルネサンス赤羽に通う稲垣さん(50代男性)

全日本空輸(株)に勤めている稲垣さん。平日夜、ジムエリアで黙々とトレーニングをしていましたが、実は生活習慣の改善のために通い始めたそう。3ヶ月で6kgの減量、7%の体脂肪減に成功し、今ではほぼ毎日通っているという稲垣さんのスポーツクラブ利用術とは?

 
通い始めたきっかけを教えてください。
会社の健康診断を受けたところ高血圧で、「生活習慣病」との結果が。健康のために運動をせざるを得ない状況でした。産業医の先生と相談して会社が契約しているプログラムに参加することを決意しました。昔は別のスポーツクラブに通っていたのですが、事情があって通えなくなってしまい…。運動からすっかり遠ざり、体重も増えてしまいました。
「生活習慣の改善」と聞くと、なんだか運動が大変そうですが…
食事のアドバイスを受けたり、体の状態がわかる「インボディ測定」を実施し、その結果をもとにトレーナーさんが自分に合ったメニューを組んでくれました。最初はエアロバイクをゆっくりこぐことから始めたので、つらくなったりすることはありませんでしたよ。
3ヶ月で見事に結果が出ていますが成功の秘訣は何だったのでしょう?
私の場合は無理せず継続できたことでしょうか。一度家に帰ると再び出かけるのが面倒になってしまいそうだったので、会社帰りに寄るようにしました。ウェアやシューズもレンタルできるので、通勤の荷物が増えるストレスがなかったのもポイントです。
スポーツクラブに通ってみていかがですか?
トレーナーさんから自分に合った方法のアドバイスを受けながら運動できるので、無理せず、嫌にならずに続けられました。正しい方法も教えてもらっているので、プログラム修了後に入会した息子に教えたりしているんですよ。自分のペースで続けられ、今ではズボンのウェストがゆるゆるに。はけるズボンがなくて困ってしまうほどですよ(笑)

上/トレーナーの指導を受ける稲垣さん。
「稲垣さんは食事の課題は少なかったので、エアロバイクとウォーキング10分ずつから始め、とにかく無理せず頻度を上げることから始めました。慣れてくると、だんだんご自身で時間を増やすようになり、効果が現れてきました」(片野トレーナー)
下/稲垣さんのトレーニングメニューや体の変化が記された、個人のカルテ。

 

水の中で楽しく気持ちよく!仲間と一緒に続けられるのが魅力です

ルネサンス浦和に通う渡辺さん、玉田さん、妹尾さん(60代女性)

平日の昼間、プールで「アクアビクス」を楽しんでいたみなさん。ルネサンスで出会い、一緒に「アクアビクス」を楽しむうちに、いつしか仲良くなったそうです。「最も笑顔になれる時間」と語るみなさんに、スポーツクラブに通い始めたきっかけや「アクアビクス」の魅力を聞いてみました。

 
通い始めたきっかけを教えてください。
もともと水泳はやっていたのですが、長く続けると飽きてしまって…。そんなときに「アクアビクス」をやってみたところ、大らかな気持ちになれて自然と笑顔になれたんです。それからずっと続けています(渡辺さん)。
水着になったり、水に入ることへの抵抗はないですか?
お友達を「アクアビクス」に誘ったら、水着が恥ずかしい…と言われたこともあります。でも、水の中は本当に気持ちがいいし、恥ずかしがっていたらもったいないと思います(玉田さん)
長く続いている秘訣は何でしょう?
音楽に乗って動くので、楽しく発散できます。先生の人柄も魅力的だし、プログラム前後のお友達との会話も楽しい。無理なく生活の一部になっているからかな(玉田さん)
朝は重かった体が、「アクアビクス」後は軽くて、歩くのもリズミカルになっているほど。体に負担をかけずに運動できるのが魅力です(妹尾さん)
「アクアビクス」を始めてみていかがですか?
「アクアビクス」で姿勢を意識するようになったら、日常でも意識するようになって。「姿勢がいいね」って褒められました(渡辺さん)
年齢より若くいられるように、これからもずっと楽しんでいきたいです(妹尾さん)

上/平日の「アクアビクス」は50代以上の女性でいっぱい。全身を使って心肺機能を高める動きから、道具を使って筋力をつけるものまでプログラム内容も多彩です。
下/3人が長年「アクアビクス」を教わっている望月インストラクターと。プログラム前後のインストラクターとのおしゃべりも楽しみのひとつだとか。
(左から、渡辺さん、玉田さん、望月インストラクター、妹尾さん)

 
 

あなたはどのタイプ? カラダの悩み・理想のライフスタイル別プログラム診断

取材協力/50代からの暮らし応援情報雑誌コレカラ
 
PAGE TOP