ルネサンスのテニススクールは全国に30店舗以上。(東京・千葉・埼玉・神奈川・札幌・仙台・山形・水戸・長岡・松本・静岡・名古屋・岐阜・姫路・広島・福岡・佐世保・大分・熊本・宮崎)大人からジュニア・キッズクラスまで35,000人の会員数をもつ信頼と実績のあるテニススクールです。


ルネサンスのコーチが教えるステップアップ講座

第4回 スマッシュ編

スマッシュは、テニスの中で最もエースをとることが多いショットです!
だからこそしっかり基礎を身につけてイージーミスをなくしましょう!!
ここでは打点と頭の正しい位置について学びます。

スクール生・悠子さん
チャンスのときに限って、よくスマッシュをミスしてしまうんです~(泣)
悠子さん、僕も最初は試合の緊張感も重なりスマッシュをミスしてましたよ!それでは、打点と頭の正しい位置について確認してみましょう。
小笠原コーチ

スマッシュでここぞ!という時にミスしてしまう、という事の原因は打点との頭の位置が適正でないことが考えられます。

STEP1
打つ瞬間の打点と頭の位置を確認してみましょう。

まずはスマッシュの確認。
構えは問題は無さそうに見えますが・・

おっと、打つ瞬間に頭が動いた!!

これは試合など力が入りやすい局面では
もっと顕著に現れるはず!
このような場合は、普段から打点と頭の位置を
しっかりと把握しておくことが重要です。

右の写真をご参照ください。
左の写真は正しい打点と頭の位置、
右の写真はNGの打点と頭の位置です。

GOOD

BAD

STEP2
教わったフォームを意識してスマッシュを打ってみましょう。

この打点で・・・

前から見るとこんな感じ

後ろから見るとこんな感じ

コーチに教わったことを意識して打ってみると・・・

今回の悠子さんは・・・
高い打点でボールを捉えようとしていましたが頭が突っ込み、打点が後ろになったため、その結果打ったボールがアウトしてしまう、というミスにつながっていました。

やったね!

スマッシュは、力んで上半身が前傾になりすぎないよう、普段から打点と頭の位置をしっかりと意識して練習してみましょう。

今回、教えてくれたコーチ
小笠原 智史
テニスとの出逢い。テニスを通じて得たこと。
高校が、必ず何かしらの部活に入らなければいけないところだったので、一番簡単そうに感じたテニス部に入部しました。しかし、毎日のランニングや筋トレ、合宿では‘ロッキーのテーマ’を流しながらの振り回し。とても過酷でした。
部活を引退してからは、後輩の指導をするようになり、まったく打てなかった子が上達していくことにやりがいを感じ指導者を育成する専門学校に入学し、2年生のときに研修でルネサンスに行ったことがきっかけで現在に至ります。
一時テニス熱が冷めかけたときもありましたが、そんな時に自分より上手な先輩や同期の仲間から誘われて試合に出ることになり、迷惑をかけたくないという思いからほぼ毎日練習しました。
結果、満足のいく成績を残すことが出来たのと同時に、試合で練習の成果が出せたことがとても嬉しかったことを覚えています。
その時に自分の背中を押してくれた周りの人たちには今でもとても感謝しています。
テニスの魅力とは?
テニス暦は11年、コーチ暦は7年になりますが、まったく飽きることがありません。
ボールを打ち合う感覚も爽快ですし、常に状況が変化するので新しい発見が山ほどあり、だからこそ飽きのこない、追及し続けられるスポーツだと思います。
テニスの「試合」も魅力の一つです。私は試合では自分よりも相手やペアをいかにコントロールできるかが、とても重要だと考えています。
1人のプレーで3人をコントロールしてポイントをとるというところに魅力を感じます。
力強いボールが打てなくても、相手をコントロールする方法はたくさんあるので、自分より筋力、体力がある人に勝つことも可能です。
テニスをはじめてみたい方へメッセージ。
ルネサンスのテニススクールでは、「エンジョイテニス!」を会員の皆様とともに共有しております。
ふじみ野クラブは、日本一活気があるテニススクールです。
エレベーターで3Fに上がったら、驚くこと間違いなし!!
是非私たちと一緒にレッツエンジョイテニス!ご来館、お待ちしております!

このページの上部へ