ルネサンスのテニススクールは全国に30店舗以上。(東京・千葉・埼玉・神奈川・札幌・仙台・山形・水戸・長岡・松本・静岡・名古屋・岐阜・姫路・広島・福岡・佐世保・大分・熊本・宮崎)大人からジュニア・キッズクラスまで35,000人の会員数をもつ信頼と実績のあるテニススクールです。


ルネサンスのコーチが教えるステップアップ講座

第5回 サービス編

サービスは、試合のはじまりの大切なショット。
だからこそ自信を持って打てるようになって、次のラリーに気持ちよくつなげていきたいですよね♪
ここでは、サービスのトスアップ時の重心について学んでみましょう!

スクール生・あきこさん
試合でサービスがなかなか安定しないんです~(泣)誰か助けて~!
あきこさん、誰もが一度は悩むところですね。大丈夫です!僕に任せてください!!それでは打点と重心の正しい位置について確認してみましょう。
新井コーチ

サービスが安定しないという事の原因はトスアップ時の体重配分が適正でないことが考えられます。

STEP1
トスアップ時の体重配分を確認してみましょう。

まずはサービスの確認。
構えは問題は無さそうですが・・・。

おっと、トスアップ時に問題発見!!
これはトスアップ時に重心が後方に残ったままになっていてインパクトの時に大きく重心を揺らして打つので
パワーは出ても、安定はしにくいサービスになっていますね。

このような場合は、普段からトスアップ時の体重配分を意識して自分の打点をしっかり把握しておくことが重要です。

右の写真をご参照ください。
トスアップ後のトスアップ後の形です。
(通称:トロフィーポーズ)

左の写真は理想的な形。右の写真はNGの形。
NGの方は、体重が右足に乗っていますね。

GOOD

BAD

STEP2
トロフィーポーズを意識して、サービスを打ってみましょう。

この打点で・・・

前から見るとこんな感じ

後ろから見るとこんな感じ

コーチに教わったことを意識して打ってみると・・・

今回のあきこさんは・・・
体重が右足に乗っていたため、打つときに体重を左に移さなければならなく、
その結果打点がまばらになり、サービスが安定しないという結果につながっていました。

やったね!

ステップアップ アドバイス トスアップ時は、後傾になりすぎないよう、左足に体重を乗せるよう意識して、美しいトロフィーポーズをイメージしてみましょう!

今回、教えてくれたコーチ
新井 雄太
テニスとの出逢い。テニスを通じて得たこと。
家族の影響で8歳からテニスを始め、小学生から高校卒業までの間、ずっと同じコーチにテニスを教えてもらいました。途中、辛いこともあり、何度かテニスをやめようかと考えたこともありましたが、当時の仲間やコーチに支えられ、今ではテニスを教えることを職業につくことができ感謝しています。
大学時代は、体育会系の部活に所属し、強豪大学の練習に参加させてもらったり、オープン大会をまわり、レベルの高い試合を経験させてもらいました。振り返ってみると、このときの経験が、 テニスや自分自身と真剣に向き合うきっかけとなり、技術的にも人間的にも大きく成長することができたのだと思います。
テニスは良くも悪くも、プレーする人の本質が浮き彫りになってしまうスポーツだと思うんです。私は、テニスを通じ、自分と向き合うことの大切さを学びました。そして、私にその大切さを教えてくれたテニスに恩返ししたくて、テニスコーチという仕事を志しました。今は、テニスを通じて成長していく会員の皆さんのお手伝いができることが、私の何よりの喜びとなっています。
テニスの魅力とは?
テニスは小学生から始め、テニス暦は21年、コーチ暦は10年になりますが、テニスの本質についてはまだまだ、わからないことばかりです。ですから、自分はもっと、上手く・強くなれると確信しています。テニスコーチである以上、テニスの本質を追及していく姿勢は崩したくないと考えています。また、テニスという競技は生涯スポーツと言われ、レベルや性別を問わず、長く続けていけるスポーツです。私の目標は、『テニスがあなたの人生の中でなくてはならないもの』になってもらうことです。テニスを通じて日本全国の人たちと出会えることも楽しみですね!
テニスをはじめてみたい方へメッセージ。
ルネサンスのテニススクールは、エンジョイテニスがモットーです!
これからも、テニスの楽しさを皆さんに伝えると同時に、成長を実感してもらえるレッスンを提供していきます。西国分寺クラブの個性豊かなコーチ達が、皆さんのテニスライフを全力でナビゲートさせていただきますので、一緒にテニスをしましょう!

このページの上部へ