来年のルネピックマイベストプログラムに向けて!!~Part3~

皆さんこんにちは!

スイミングの清野です!

11月になり、寒い日が続いていますが体調崩されてませんか?

私も寒さに負けない体づくり頑張ります!

 

さて、今月もやってきました!

ルネピックマイベストの取り組み

【今月のワンポイントアドバイス】のブログです。

今月はクロールの呼吸を上達させるためのポイントをお伝えします。

 

①まずは水中での呼吸方法をマスターしよう。

 水中では鼻から「ブクブクブク」と息を吐いていき、

顔を上げた時に口から「パァー」ともう一度息を吐いてから吸っていきます。

鼻から息を吐くときは6割程度、

残りを口から「パァー」で吐いていきます。

吸う動作は息を飲み込むイメージで行います。

②クロールの呼吸はカラダ全体を横に向けるように行います。

 クロールの呼吸は顔だけ横に向けるのではなく、

カラダ全体を横に向けることで水中から口が出やすくなり、

呼吸がスムーズに行えます。

横に向いた時は片方の腕を前方にしっかり伸ばすとカラダが安定し横に向きやすくなります。

 

③ストローク動作に合わせてカラダ全体を横に向けていきます。

 スムーズな呼吸を行うためにはストローク動作に合わせることが大事になります。

顔を上げるタイミングは水中の腕の動作が顔の真下に来たぐらいから、

徐々にカラダを開いていき、親指で太ももを触った時に完全に横に向けます。

顔をつけるタイミングは水面に出た腕が真上に来た時に

徐々にカラダを戻していくことでスムーズな呼吸が可能になります。

 

 

 

クロールの呼吸は、

短い距離をダッシュで泳ぐ時も、

長い距離を楽に泳ぐ時も大事になってきます。

 

今クロール級のお子様もぜひ参考にしてみて下さい。

練習のときは焦らず丁寧に動きを確認することが大切です!

うまくいかないときはぜひコーチに相談してくださいね。

1年後のルネピックマイベスト、全員で記録更新を目指しましょう

 

 

 

来月のワンポイントアドバイスも

お楽しみに(^o^)☆