マスクと熱中症

  • スタッフからのメッセージ
  • クラブからのオススメ

 

スポーツクラブ ルネサンス 竜ヶ崎ニュータウンのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

フィットネスチーフの松田(祥)です。

 

各自治体から発表される新型コロナウイルス感染者数も徐々に減少していますが、依然として気を緩めることのできない日々が続いております。

マスクを付けた生活にも慣れてきましたが、マスクを付けて運動をする際に「熱中症」に気を付けなければならない季節になってきました。

 

今回は『マスクと熱中症』についてお伝えします。

 

 

マスクを付けて運動(散歩や屋内での身体を動かす仕事・家事も含みます)をすると

・皮膚からの放熱が十分に行われなくなる

・マスク内の湿度が上がり喉の渇きを感じにくくなる

・マスク無しの呼吸時より体温が上がりやすくなる

といった熱中症のリスクが高まります。

 

例年以上に「こまめな水分補給」「こまめな休息」が必要となります。

活動時の水分補給については水分と塩分を同時に補給できるいわゆる「スポーツドリンク」がおすすめです。

 

 

また、今年は外出自粛の影響で暑さに慣れていないままに夏を迎える方が多くなることが予測されています。

人間の身体は今くらいの時期から徐々に暑さに慣れ上手に汗をかける身体に変化(暑熱順化)していきますが、外出の機会が減る事によりそれがスムーズに進まなくなるそうです。つまり熱中症のリスクが例年以上に高くなります。

ちなみにお風呂に長く浸かり汗をかくことで暑熱順化を進めることができるそうです。

(もちろん適度な水分補給は必須です)

 

 

本日は山梨トレーナー・塚田トレーナーと館内の清掃作業を実施しました。

もちろんマスクを付けての清掃作業でしたが、そこで「喉の渇きを感じにくい」「適度な空調は運転しているが汗をかく」「これはマスクをつけてジムで運動しても同じ事が起こる」という事を実感しました。

※それからこまめに水分を摂取しながら作業をしました。

 

 

向こう1週間も夏日が続く天気予報が出ています。

熱中症患者が増えることにより「医療崩壊」に繋がる懸念もあります。

 

マスクをつけて運動される方はもちろんですが、室内の家事や作業をされる方も「こまめに水分補給」でご自身の身体を守りましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

ルネサンス 竜ヶ崎ニュータウン

フィットネスチーフ松田(祥)