【プチテニス講座:ストローク編】伸びのあるボールが打ちたいならば、とにかく踏み込め!

  • テニス

いつもルネサンス佐世保クラブのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

こんにちは、テニスコーチの大音です。

待ちに待った暖かい季節が来ましたね。

暖かい・・・・、もう暑いですね。過ごしやすい陽気の春はもう終わったのでしょうか?

 

 

今回は「プチテニス講座」をやっていきたいと思います。

今日の題材は「ストローク」です。

伸びのあるボールを打ちたい方必見!

ボールに勢いが欲しい。

打ってるのに飛ばない。

簡単に打ち返されているような気がする。

などのお悩みがある方は読んでみてくださいね。

 

ではいきましょう!

伸びのあるボールを打つ上で重要な事は、

「とにかく踏み込む」です!!!!!

 

・踏み込むとは?(右利き想定です)

足を前に出して、軸を移動させます。

ラケットを引いた時は、後ろ足に軸が出来ていますね。打つ時は前に来ている足に軸が移動します。

この移動した足でしっかりと地面を蹴りだしていくと力が体重の掛かった伸びのあるボールが行くようになります。

フォアハンドなら左足で、バックハンドなら右足で踏み込みましょう!!!

 

 

・踏み込む時に大事なこと

打点を[前にとる]ことです。踏み込むと打点が身体の近くに来やすくなります。

打点が近くなると体重が乗りきらない場所で当たってしまいます。

そうなると踏み込むと打点が後ろになっていいボールが打てないと思ってしまい、

どんどん体重の乗らない打ち方になり、手打ちに代わってしまうでしょう。

 

・踏み込む時のフットワーク

「下がってから踏み込む」これが必要!!

ボールとしっかり距離をとること、離れた状態から踏み込むことで

体重をしっかりと前に乗せる事が出来ます。

前に落ちたボールなら下がる必要はないですが、その場で打てるような

ボールが来たときは一旦バックステップを入れて踏み込んでいくといいでしょう!!

 

 練習時の注意点

全部のボールが踏み込んで打てるわけではありません。

打てるボールとそうでないボールとを見分けるのも重要です。

失敗しても気にせずに、成功した時の感じを覚えていきましょう!

 

疑問・質問あれば、大音までお願い致します。

4Fテニスコートでお待ちしております。

 

 

スイミング体験詳細

 

テニス体験詳細