ルネピック マイベスト達成応援プログラム11月編

こんにちは!

スイミングコーチの大石です!

 

今回はジュニアスイミングスクールで取り組んでいる

ルネピックマイベスト達成応援プログラムの

クロール上達のポイントを紹介します!

11月編はクロールの呼吸です♪♪

 

紹介するポイントは、ルネサンス競技強化部・西崎コーチの解説です!

西崎コーチは、世界で活躍中の持田早智選手を担当しています。

 

ジュニアスクール生はもちろん、成人の方でクロールの呼吸が苦手な方も、ぜひご覧ください

①まずは水中の呼吸方法をマスターしよう。

 水中では鼻から「ブクブクブク」と息を吐いていき、顔を上げた時に口から「パァ」ともう一度息を吐いてから吸っていきます。鼻から息を吐くときは6割程度、残りを口から「パァ」で吐いていきます。吸う動作は息を飲み込むイメージで行います。

 ⇒家で実践してみよう!

 

 

②クロールの呼吸はカラダ全体を横に向けるように行います。

 クロールの呼吸は顔だけ横に向けるのではなく、カラダ全体を横に向けることで水中から口が出やすくなり、呼吸がスムーズに行えます。横に向いた時は片方の腕を前方にしっかり伸ばすとカラダが安定し横に向きやすくなります。

 

③ストローク動作に合わせてカラダ全体を横に向けていきます。

 スムーズな呼吸を行うためにはストローク動作に合わせることが大事になります。顔を上げるタイミングは水中の腕の動作が顔の真下に来たぐらいから、徐々にカラダを開いていき、親指で太ももを触った時に完全に横に向けます。顔をつけるタイミングは水面に出た腕が真上に来た時に徐々にカラダを戻していくことでスムーズな呼吸が可能になります。

 

クロールの呼吸が苦手な方は、まず写真を参考に

陸上で動作を真似してみましょう!

うまくできたらプールで実践してみましょう!

 

上手な呼吸でクロールのスピードアップを目指そう♪♪