【12月1日~配布開始】ジュニアスイミングスクールマスターメダルフレーム トライアル工作キットについて

  • howto
  • ジュニアスイミング

こんにちは。ルネサンス玉島、支配人の村田です。

先日ジュニアスイミングスクールのレッスンを担当したときに、マスターメダルのフレームの話をしたのですが、参加していたスクール生から、こんな声をもらいました。

『フレームはほしいけど、おこづかいが、、、(´;ω;`)ウゥゥ』

『サンタに頼みたいけどほかに欲しいものもある。。。』

保護者様に頼み込め!というのも何か違うかな??と思いまして、考えました!!

『自分で作ればいいんだ!!』

ということで、

★マスターメダルフレーム トライアル工作キット★

を作りました。

ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

カッターが危ない場合は、先がとがったもの(棒状の細いヤスリなど)で代用可能です。安全に気を付けて作成してください。

 

【準備するもの】

・配布した用紙

・段ボール(A5サイズ以上、厚さ3~5㎜推奨)

・ハサミ

・カッター or  先がとがったもの(棒状の細いヤスリ)

・のり

・色鉛筆

・ボールペン(穴をあけるもの)

・紙(チラシ等、A5程度、太めのストローでもOK)

【作り方】

※写真の用紙に掲載しているフレームは本物をコピーしたものです。実際にお渡しする用紙のフレームは、自由に色塗りができるよう白黒となります。

①フレームの枠に沿って切り取ります。

 

②切り取ったフレームと同じくらいのサイズの段ボールを準備します。

③糊を全面につけ段ボールに貼りつけます。

④フレームからはみ出た段ボールを切り取ります。

⑤ハサミのマークが丸い部分【左側二つ、下側二つ】をくり抜きます。

左側:バインダーにはさむようなので、くり抜かなくてもOK

下側:飾るようなのでバインダーに入れるだけならくり抜かなくてOK。飾るようでも一つ空いていれば飾れます

⑥メダルをはめる部分を『くり抜く』か『表面だけカットし段ボールを押し込む』を行います。

写真はカッターを使用していますが、先がとがったものでくり抜けます。

くり抜く:段ボールが薄い場合はくり抜いたほうが、メダルがはまりやすくなります。

押し込む:段ボールにある程度厚みがある場合は、先がとがったもので周りを点々状に突き刺し、指で押し込むとメダルがはまるくらいの深さになります。

⑦メダルをはめてみて、合わないようだったら微調整する。

⑧フレームを飾るための支え部分を作る。

⑨支えの部分を下部の穴にさしたら完成。

⑩好きな色にを塗ったり、絵をかいて、自分だけのフレームに!

 

作り方は以上です。

もし、失敗した、もっと作りたい、などがありましたらお気軽にご相談ください。

お楽しみに~~~