プールにいらっしゃいませ⑧

  • スタッフからのメッセージ
  • スイミング
  • サービス向上への取組

こんにちは!いつもルネサンス天王町のブログをご覧いただきありがとうございます!!

スイミング担当の山田です。

 

8弾目の『プールにいらっしゃいませ』ご覧ください。

 

今回は『スカーリング』をテーマに説明しましょう!!!

 

一言・・・なにそれ?

ですよね!?

プールを習っている方、そして選手活動を経験している方は知っていると思います。

実は選手活動の中でも最も人気だといっても過言ではないスカーリング動作を

今回は説明していきます。 

 

 

①目的

②効果

③動作

 

 テーマを3つに絞りました。

 

①目的

ズバリ!!『水をキャッチするため』です。

キャッチとは、つかむと解釈していいですが、水をつかむってどんな感じ?

モノをつかむ動作とは異なって、簡単に表現するなら

『手のひらに水の重たさを感じる』 

感覚的なものなので、ヒトによっては表現が異なると思いますが、

僕は水が重たく感じる時がしっかり水をつかまえているなと感じる時です。

水は液体なので、やみくもにチカラいっぱい足や手を動かしても

推進力は得られません。

水をモノとして捉え、その重たさを利用して効率よく推進力を引き出すのです。            

 

 

 

②効果

しっかり水をかけている(押せている)ストローク ◎

赤線 理想的な角度・肩より肘が前方で、肘より手のひらが下方に向かっている

青線 水の流れのイメージ

 

 

しっかり水をかけていない(水が逃げていく)ストローク × 

 スカーリングを習得すると肘の角度が変化する効果がでてきます。

この肘の角度こそが理想的なストロースを行うのに大切なのです。

肘の角度がイメージ出来たら次は肘から指先にかけてイメージしてみましょう。

それが動作の説明になります↓↓

 

③動作(肘から指先・手のひらの角度)

通常は両手同時に行います。

まずは両手を肩幅くらいに開き、次に肘を肩幅より広く広げるように曲げていきます。

そこから、肘の曲げ伸ばしをしていきます。

①曲げる

②伸ばす

続いて注目して欲しいポイントは、写真の中の赤〇の部分↑↑↑↑

手のひらの向きについてご覧ください。

肘が曲がっている時は手のひらは内側に向けます。

青線 水の流れのイメージ

肘を伸ばすときには、手のひらが外側に向きます。

手のひらの向きに注意しながら、①と②の動作を繰り返していきます。

常に手のひらに水の重たさを感じるように感覚を磨いていきます。

あまり直線的な動きではなく、数字の8の字を描くように動かすとより

水の重たさを感じやすくなります。

 

今回はスイミングの技のようなお話でした。

この感覚はブログを見るだけでは伝わらないし、伝えきれない。。。

だから是非、プールにいらっしゃいませ!!!!です。

 

次回お楽しみに!!!ではまた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

横浜市保土ヶ谷区、西区でフィットネス・スクールをお探しの方!
スポーツクラブならルネサンス 天王町がオススメです。

 
お得な入会特典情報はコチラ





スクール情報はコチラ




安全安心の取り組みについて詳しくはコチラ