濱野コーチのダブルス前衛ボレー

  • テニス

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

ルネサンス浦和テニスコーチの当摩です。



 ○ 濱野コーチによるダブルス前衛のボレー


 ① 構え



この時が打つ時よりかなり重要です。

本当です。

ダブルスの前衛は、ボールが来る確率が低いです。

理由は、相手が決められるかもしれないという気持ちがあります。

なので、クロスの打ち合いが多いのです。



※ここからが重要です。

ということは、前衛というのはボールが来ないという気持ちがあり、

油断が生まれます。

なので、相手が打つたびにこちらに来ることを思っての

心構えが必要なのです。

それが、テニスの構えに出てきます。


例えば、ゲーム中に相手の前衛で、「スキがない」みたいな

雰囲気をかもしだしている人が…





 ② 入り



ボールが自分に来た時または、近い所に来た時この入り方になると思います。

実際は、もっと小さい動作になるかもしれません。



※ここからが重要です。

前衛にボールが来る時は、相手がポイントを取りに来る時または、

陣形を崩そうとする時です。

ということは、厳しいボールが来るということです。

だから、「ボールが来たら」とか、「ボールが来ないかも」と

思って立っているとやられちゃいます。




 ③ 打点



ラケット面はほぼ垂直になります。

速いボールがくるので、面を上に向けると弾かれてアウトに

なることが多いです。 

実際は、もっと小さい動作になり足の踏み込みもままならない

かもしれません。

 

 ※ここからが重要です

「②入り方」で言いましたが、厳しいボールが来るので

レッスンで教えている基本的な動作、例えば「1で軸足に体重を乗せて

2で踏み込み足を前に出して打つ」みたいなことです。

が、おそらくできないかもしれません。

写真は、見本として形的にキレイになっていますが、

実際は、当てるだけで精一杯だと思います。

 

 

  ④ おまけ (かぶせる)



よくある悪い例ではあります。皆さんもこれに近い打ち方を

した覚えはあると思います。

しかし、突然飛んでくるボールに対してこのような反応をするのは

仕方がないと思います。

厳しいボールに対して、負けないようにラケットをしっかりと

握って力が入ってしまい、このようなことがあります。

時々、これで決まってしまう場合があります。


基本は、「③打点」のような形になるのが理想です。

しかし、ボㇾ―を振って入るケースがあります。

それはそれでいいと思います。

本当の試合でもボレーを振る時があります。

自分もありました。

簡単に言うと、経験だと思います。

レッスンでは振らないようにボレーは教えていますが、

これは基本中の基本なので、これを完全にマスター

してからにしましょう。


このようなイメージでダブルスの前衛にたって

いるといいと思います。






説明が長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

参考になれば幸いです。

また、ご覧になってください。

テニスコーチの当摩でした。


テニスコーチの当摩がお送りしました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

テニス体験情報

はじめての方でも安心!大人になってからでも始めやすいスポーツです☆彡

 ◎気になった方は、上の画像をクリック!!

 

フィットネス体験情報

 

60分体験で理想の体を手に入れましょう☆彡

◎気になった方は、上の画像をクリック!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 下記リンクから簡単に紹介メールが送れます。

お友達をさそって一緒に
楽しいルネサンスライフを送りましょう!

こちらをクリック