【テニス】誰が最速なのか⁉フォアバックストローク速度対決!

  • テニス
  • ジュニアテニス

 

 こんにちはテニスコーチの杉本です。

今回はコーチたちでフォアハンドスピード対決をしてみました。

速度の計測はSTL(スマート テニス レッスン)を使ってします。

STS(スマート テニス センサー)と併用する事でボール速度の他にもスイング速度、ラケットのどの部分に当たっているのか、回転量など計測する事ができます。

対決するメンバーは西浦コーチ、永山コーチ、戸澤コーチ、本コーチ、守屋コーチ、豊田コーチで行います。

ベースラインから腰の高さで一人5球打ってもらい、その中の一番速いショットで競い合っていきます。(入ってないショットは除外)

果たして、どのコーチが一番速いフォアハンドを持っているのか!?

 

ちなみにタブレット上では画像のように表示されます。(打球しているのは戸澤コーチです)

 

 

画面下部の左側はどのショットをラケット面のどの位置で打球しているか

右側の+3はボールの回転量 +(プラス)なら順回転、-(マイナス)なら逆回転もしくは横回転

そしてスイング速度とボール速度が表示されます。

 

気になる結果は

 

西浦コーチ 最速137キロ

永山コーチ 最速127キロ

戸澤コーチ 最速132キロ

本コーチ   最速125キロ

守屋コーチ 最速146キロ

豊田コーチ 最速146キロ

 

1位は同率で守屋コーチ、豊田コーチの146キロでした!二人は高身長という事もあり、ショットにもパワーがありました。ちなみに、一番安定していたのは本コーチでした。

コーチ皆、フルスイングしていたので半分程ミスしていましたね(笑)

しかし、男子トッププロの世界では130キロ超えるスピードボールを当たり前にコントロールしているので、改めてレベルの高さに愕然としました。

また次の機会にSTLを使って新しい企画をやっていきますのでお楽しみに!次はこのショットで計測結果が知りたいなどあれば教えてください。

 

 

 

おススメ体験情報

 

 

 

 

↓↓テニススクールの詳しい情報は下から↓↓

成人テニススクールはコチラをクリック!

ジュニアテニススクールはコチラをクリック!

 

↓↓成人クラスの体験予約はコチラ↓↓

体験を予約する

↓↓ジュニアクラスの体験予約はコチラ↓↓

体験を予約する