雨に持っていかれる

  • スタッフからのメッセージ
  • 「安全安心・改善」への取組

「持っていかれたーー!」

 

雨が降ると、傘をさすために

片方の腕を犠牲にしなくてはならない。

さながら、鋼の少年と同じような

状況という訳だ。

傘と片方の腕を等価交換して、私たちは

雨の日を体をぬらさずにしのいでいる。

しかし、スミは傘をさすことを好まない。

傘をさすことと言うよりは、

片腕を傘に持っていかれることが嫌いなのだ。

 

皆さん、こんにちは。フロントスタッフのスミです。

皆さんは、雨の日はお好きですか?

雨の日に外に出ることは大きなリスクを背負わなければなりません。

しかし、そのリスクを背負った先には、

ルネサンスでトレーニング、リラックスという

健康と快楽に満ちた素晴らしい場所が待っています。

 

雨の日、自分の片腕を犠牲に、健康維持と等価交換してはいかがでしょうか。

 

皆さまが来館時に必ず通る緑のマット

コチラに消毒用の液体を噴霧するスミです。

それでは、また。