トレーニングの原理・原則

こんにちは!フィットネスの三原です。

今回は、トレーニングの原理・原則について話していきたいと思います!

トレーニングの原理・原則を知ることで、効率的に運動の効果を得ることができます。

それではまず3原理から紹介します。

1.      過負荷性の原理

過負荷(オーバーロード)性とは、同じ負荷のトレーニングや運動をすると効果が停滞または低下してしまいます。

毎日同じ負荷を繰り返してしまうと、体がその負荷に慣れてしまいます。つまり、その負荷に慣れてきたら負荷を上げていくと効率よく効果を得ることができます。

過負荷性を実行するには、重量を上げる、回数を増やす、インターバルを減らす、補助器具を外す等があげられます。また、普段やらない運動をたまに取り入れることも過負荷性といえます。

                         

2.      可逆性の原理

これは、トレーニングで得た効果はトレーニングをしなくなるともとにもどるという原理です。

また、何かスポーツで得られる技術等は不可逆性といい一度得るともとには戻らないです。

つまり、トレーニングで鍛えた効果を低下させない為にはトレーニングをしなくてはいけません。トレーニングを続けることはたくさんのメリットがあるので是非継続してトレーニングをしてみて下さい!!

 

3.      特異性の原理

特異性とは、トレーニング効果はトレーニングしたようにしか高まらないということです。つまり、どれだけきついトレーニングや練習を行っても競技性と結びつかないと意味がないと言い換えられます。

競技特性を取り入れたトレーニングをすることで効果がより得られると思います。

 

以上がトレーニングの原理です。そして、この原理にプラスして5原則を紹介します。

 

1.      漸進性の原則

漸進というのは少しずつというようなニュアンスで、トレーニングも少しずつ強度を上げたりすることでより良い効果が得ることが出来ます。

つまり、いきなり重量を上げたりすることはトレーニングの効果は低いということです。

少しずつ段階を踏みながらトレーニングをしていきましょう!

 

2.      個別性の原則

個別性とは、個人個人で得られる効果が異なるということです。つまり、ほかの人と全く同じトレーニングを行ったとしても得られる効果は、その人とは異なるということです。

つまり、トレーニングをしていくうえで大切なことは自分が一番効いてると感じたものが大切になります。

 

3.      全面性の原則

全面性というのは、身体すべての部位を全面的に鍛えるという原則です。全面的に鍛えることでより効果が得られます。

つまり、何かに偏ったトレーニングをしてしまうと効果が期待しにくいということになってしまいます。是非全面的にトレーニングをしていきましょう。

 

4.      反復性の原則

この原則は、トレーニング効果は継続することで得ることが出来るという原則です。

トレーニング強度は高いが、継続的ではないトレーニングではあまり効果は期待できません。週一でもトレーニングを継続することで効果を得ることが出来ます!

トレーニングを継続すれば必ず結果が出るので継続してトレーニングを頑張っていきましょう!!

 

5.      意識性の原則

この原則は、トレーニングを行っているターゲットを意識することでより良い効果が得られるというものです。どこを鍛えているのか分からずトレーニングをしてもあまり効果的ではないということです。

トレーニングをする際はどこの筋肉を使っているのか意識したり、なぜこのトレーニングをしているのか理解して行っていきましょう!!

 

以上がトレーニングの原則と原理でした。これらの8つを理解してトレーニングを行うことでより良いトレーニング効果が期待されます。

是非意識してみてください!!