ストレッチのポイント!Part2

  • フィットネス

 

家の中って、外より寒くないですか? 

こんにちは、フィットネス長村です\(^o^)/

 

この時期の室内は冷え込みます…

 

なので暖かいフリースを着て、

電気カーペットでお布団を温めてから寝ます。

 

朝起きると

 

着ていた服が足元に飛んでいます。

 

寒がるくせに寝ていると暑くて

知らない間に脱いでるんですね(笑)

 

さて、今日は前回の続き! 

 

ストレッチってどうやるの Part2

 

「見てるよ」「やってるよ」と好評だったので

他の部位でも紹介しちゃいますよ~!

 

前回のものを見ていない方は

コチラからどうぞ!

 

まずはヨガのクラスでも多くある

捻る(ねじる)タイプのストレッチです!

 

ちなみにヨガではひねるとはいわず

捻るといいます(^o^)理由は知りませんが(^o^)

 

今回も赤字は大事な部分になります。

意識しましょう。

 

【腰・背中のストレッチ】

▼片膝を曲げ、その足を伸ばした足の膝の外に置く。

 

▼曲げた足と対角の手を膝に添え引き寄せる。

 反対の手はお尻の後ろにつき

 指先で床を押しながら背をできるだけ伸ばす。

伸ばした背を保ち、身体を捻る。

 目線は捻った先を見る。

 

伸びましたか?

 

これは伸びが甘い例です↓

 

背が丸くなるとあまり伸びず、

また後ろの手に体重をかけすぎてもだめです。

 

大きく捻ればいい、というものではないので

床を押して背を伸ばすことを優先させましょう! 

 

次に【首から肩にかけてのストレッチ】

▼楽な体勢で座り、片手を腰に当てる。

 この時、肩の力を抜いて首を長くする。

 

▼背筋を伸ばし、首を倒す。

 余裕があればもう片方の手を頭に添え軽く引く。

 

ふてぶてしい顔ですね(笑)

 

なぜか写真が横向きましたが無視。

前に倒れると良くないので、これはNG。

 

最後に【胸のストレッチ】

▼膝を曲げて足を揃え、両手を合わせたら

 身体の前に伸ばす。

 膝の角度はそれほどこだわらないでよい。

 

▼上の腕を天井に向けて挙げ、

 胸がよく伸びる位置で止める。

 

伸びましたか~?

 

あまり寝転がりすぎると伸びなくなるので

身体は床に対して垂直くらいがおすすめです!

 

 

ということで

 

今日ご紹介の3つと前回のもあわせて

続けて下さい(^。^)!

 

さらに知りたい方、

ストレッチされたい方は長村まで!

 

ではまた。