気軽にできる呼吸法

  • クラブからのオススメ
  • サービス向上への取組
  • フィットネス
  • 簡単プチトレーニング

 

みなさん、こんにちは!

フィットネスの山波です(*^-^*)

 

ブログを見ている方はお分かりかと思いますが

新しくフロントの方も加わってくれました!

 

いやー、喜ばしいものです☆

 

そして中畑くんの投稿を心待ちにしている

そこのあなた!

そのうち素晴らしい投稿を

書いて下さると思うので期待して

お待ちください(^^♪

 

勝手にハードルをあげてみました・・(笑)

 

 

さて、今回は

呼吸法についてです!

 

実はトレーニングをやるにおいても、

日常生活においても呼吸がとっても大事

だと知っていましたか?

 

本日ご紹介するのは、ドローインという呼吸法で

担当してくれるトレーナーはAKKOトレーナーです!

 

 

そもそもドローインとは・・・

簡単にお伝えすると体幹トレーニングで、

インナーマッスルに利かせます!

(腹圧が高まり、主に腹横筋が鍛えられます)

 

 

身体の軸となる体幹が弱くなると

手足が上がりづらくなったり、

普段デスクワークが多い方は背中が丸まってしまい

猫背になりやすくなってします・・・

 

呼吸も浅くなりやすい!!!

 

 

<<効果>>

 

腰痛改善や姿勢改善、さらには身体の奥にある

インナーマッスルを鍛えることで

ぽっこり出る下腹も防ぐことができます(^^)/

 

さらには、ボディラインが整い代謝アップにも

つながり、仰向け・椅子に座った状態

立位の体勢など気軽に出来るのもポイントです!

 

今回は仰向けの体勢でのドローイン

(腹式呼吸)を紹介します☆

 

腹式呼吸:ヨガやリラックスしたいときに行う呼吸

     鼻からゆっくり息を吸って

     口からゆっくり吐く

 

写真とともに紹介してくださるトレーナーは

AKKOトレーナーです!

 

 

 

・仰向けの体制をつくる

・両足は膝を立てて腰幅に開く

 

 

※女性は膝が内側に入りやすく、

 男性は外側に開きやすいので

 つま先と膝の位置はまっすぐを意識する※

・骨盤は固定したまま

 

 

両手はお腹に当てるとわかりやすいです!

 

 

 

息を吸うときのにお腹を膨らます ↓ ↓

 

 

息を吐くときにお腹をへこます ↓ ↓

 

おなかに注目してみてください!

膨れたり、へこませたりするのがポイントです☆

 

『細く・長く・吐ききる

吸った空気をおなかに送るようなイメージで』

 

自分のペースでゆっくりと!!!

 

 

<ドローインを行うときの注意点>

 

肩に力が入らないようにする

腰が反らないようにする

食後すぐのドローインはやらないように

→満腹だと腹筋を動かしにくく、

 運動の効果も得られない。

 消化が悪くなってしまう。

 

 

 

10回程度でもOK!

毎日やると身体は変わっていきます

気軽に気付いたときに意識できるので

ぜひ、みなさん空いてる時間に

行ってみてください(^O^)

 

では、次回の記事でお会いしましょう!