イメージ画像

真夏のベタベタ汗対策に。
汗腺を鍛えてサラサラ汗にしよう

汗は「サラサラタイプ」と「ベタベタタイプ」の2種類に分けられ、それぞれにおいの強さや蒸発のしやすさなどが異なります。ベタベタした汗はかいたときの不快感も強く、「悪い汗」と呼ばれていたりもします。べたつかないさらっとした汗をかくためには、汗腺の機能を高めることが大切です。
そこで今回は、サラサラとした「良い汗」をかくための夏場の生活習慣のポイントや、汗腺の機能を高めるトレーニング方法をご紹介します。

汗には良い汗・悪い汗がある

「汗はなるべくかきたくない!」という方もいるかもしれませんが、体温調整の役割を持つ汗を適度にかくことは、人間が生きる上で欠かせません。汗をかいて、それが蒸発することは自然の現象といえます。ただ、汗をかくにしても、極力「良い汗」をかくことが重要。まずは、良い汗と悪い汗の特徴を見てみましょう。

イメージ画像

良い汗の特徴は?

良い汗は、次のような特徴を持っています。

●小粒で濃度が薄い
●成分はほとんど水に近い
●サラサラしている
●においが少ない
●蒸発しやすい
●汗をかくとすっきりする

良い汗は蒸発しやすいため、汗をかくことで効率的に体温調整ができる汗でもあります。

悪い汗の特徴は?

悪い汗の特徴としては、次のようなものが挙げられます。

●大粒で濃度が濃い(ミネラルがいっしょに排出されるため)
●粘度があり、ベタベタしている
●においが強い
●蒸発しにくい
●汗をかくと不快

蒸発しにくいため、汗をかいても体温調整しにくいことが悪い汗の特徴。また、体に必要なミネラルも排出してしまうため、かきすぎると夏バテや熱中症も起こしやすくなります。

悪い汗をかく原因は、汗腺の機能が弱まっていること。汗腺は、冷房の効いた空間で長時間過ごしたり、運動不足で汗をかかなかったりすることで衰えてしまいます。弱まった汗腺の働きを正常な状態にすることで、サラサラとした良い汗をかくことができるようになるのです。

良い汗をかくための4つの生活習慣

筋肉と同様に、汗腺は鍛えるほど機能性が高まり、良い汗をかけるようになります。そのためにはまず、日々の生活習慣を見直すこと。ここでは、夏場に実践したい4つの生活習慣をご紹介します。

1 部屋の温度を下げすぎない

冷房の設定温度は、なるべく下げすぎないように心掛けましょう。職場などで調整ができない場合は、冷風が体に直接あたらないよう、カーディガンやブランケットなどを活用することがおすすめです。

2 涼しい部屋から急に暑い屋外へ出ない

冷房で冷やされた空間に長時間いると皮膚温度が下がり、暑い屋外に出てもなかなか汗が出ない状態に。しかし、一定時間が経つと、大量の汗をかいてしまいます。外出前はいきなり炎天下に出ず、玄関などで外気に体を慣らしてから出るようにしましょう。

3 通気性のいい服を着る

汗をかいたら、早めに蒸発させて体温を下げることがポイント。綿や麻などの汗が蒸発しやすく、通気性に優れた素材の衣服を選ぶといいでしょう。

4 夏は動物性の脂肪とたんぱく質は控えめに

牛・豚・鶏などの肉類や、バター、チーズ、魚介類といった動物性の脂肪やたんぱく質を多く含む食べ物は、熱を体内にとどめてしまいがち。さらに、発汗作用もないため、食べすぎには要注意です。いずれの食材も適量を意識して、バランスの良い食事を心掛けましょう。

サラサラな汗をかく汗腺の鍛え方

ここからは、汗腺を鍛える方法を見ていきましょう。汗腺のトレーニング方法としては、「入浴」「有酸素運動」「腹式呼吸」の3つが◎。

手足高温浴と半身微温浴が効果的

手足を重点的に温める「手足高温浴」と、「半身微温浴」の2つを組み合わせる方法が効果的です。2~3週間続けると、汗腺の機能が高まるといわれています。

●手足高温浴
手足の先の汗腺を42~43℃の熱めのお湯で刺激して、働きを活発にする方法です。浴槽の中で椅子に座り、ひじから先とひざから下を10~15分ほどお湯につけましょう。
この方法で汗が出にくかったり、肌が赤くなったりする人は、特に汗腺の機能が弱まっているため、40℃程度のお湯で慣らしていくと◎。
イメージ画像
●半身微温浴
36℃ほどのぬるめのお湯で、みぞおちあたりまでの半身浴を行います。体の深部から温めることで、じっくりと汗をかくことができるでしょう。10~15分ほどが目安です。

いずれの入浴法も、前後や入浴中に水分補給をしてください。また、湯上がりはクールダウンして、自然に汗が引くのを待ってから着替えましょう。

ウォーキングやストレッチなどの適度な有酸素運動

ウォーキングやストレッチなどの適度な有酸素運動を取り入れることで、全身に血液が循環し、発汗しやすい体づくりができます。夏場は気温に注意しつつ、夕方以降の暑くない時間帯に行うのがおすすめ。運動不足の人はいきなり激しい運動はせず、通勤時などにウォーキングを意識するところから始めてもいいでしょう。

腹式呼吸をする

いつでも行うことのできる汗腺トレーニングが腹式呼吸。意識して腹式呼吸を取り入れることで、体内により多くの酸素を取り込めるようになり、発汗作用アップに効果が期待できます。
腹式呼吸の方法は、次のとおりです。

1. 口からゆっくりと息を吐ききります
2. おなかを膨らませるイメージで、鼻から大きく息を吸い込みます

1と2を繰り返し行いましょう。

~おわりに~
汗腺は、年齢とともに衰えていくといわれており、大人になるほどベタベタとした悪い汗をかきがちです。また、汗をかきにくい体になると、夏バテのリスクも高めてしまいます。
それを防ぐためには、汗腺を鍛えることを意識した生活習慣を取り入れて、良い汗をかくための体質改善をしていくこと。サラっとした汗をかけるようになると、快適で健康的に夏を過ごせるようになるはずです。