ジュニアテニススクール

テニススクールの特徴

ジュニアテニススクールで育む3つのポイント

  • テニススキルの上達
    各級ごとの習得目標に沿って、段階的に技術を習得します。
    レベルに応じた硬さのボールを使って練習するのではじめてのお子様でも安全に楽しくラリーが続けられます。
  • 運動能力の向上
    身体と脳、神経系統のバランスの良い発育を促し運動の習得効果を高めるためのコーディネーショントレーニングをふんだんに取り入れています。
  • 集団行動でのマナー習得
    あいさつ、周囲を考えた行動、ルール遵守、整理整頓など集団行動で必要な社会性・自主性を習得できるようにします。
テニスを通じて
成長を!

ゴールデンエイジをご存知ですか?

「今だからこそ身に付く運動神経」を大いに伸ばすチャンスです!!
運動神経が一番発達しやすい5~12歳頃のことを「ゴールデンエイジ」と呼んでいます。運動神経を高める大事な時期であり、この時期を逃すと運動神経の良い子になりにくいと言われています。
テニスはリズム感、反射神経、予測能力、距離感覚など総合的に運動を養うことのできるスポーツです。ゴールデンエイジを迎えるお子様におすすめです。

テニスで養う7つのコーディネーション能力

コーディネーション能力とは、身体の神経・筋肉の連動性を高め、身体をコントロールする能力(いわゆる運動神経がいいと言われるもの)です。ひとむ かし前は、遊びの中で、このコーディネーション能力を磨いていったのですが(鬼ごっこ、すもう、だるまさんが転んだ、陣取り、屋根や樹木からの飛び降 りなど)、現在の環境の中で、それは難しくなっています。

ルネサンスのジュニアスクールでは、身体と脳・神経系統のバランスのよい発育を促し、運動の習得 効果を高めるためのコーディネーショントレーニングをふんだんに取り込んだレッスンを展開しております。

バランス能力 リズム能力 連結能力 反応能力 識別能力 変換能力 定位能力

開発者インタビュー

スポーツクラブ事業企画部 テニスチーム SV 舘内祐二郎

テニスの楽しさを、
早く、深く感じられるレッスンを。

ルネサンステニススクールの基本方針は、「エンジョイテニス」。テニスには、ボールを打つ爽快感などの「fun」的な楽しさの要素、狙ったところにボールが打てたりなどの、「上達する」楽しさ、仲間と一緒にプレーするなどの「共有する」楽しさなど、総合的な楽しさがあります。