教えて!ジバラ先生
【24時間型ジム/ヨガスタジオ】


ぶっちゃけ話すわよ!
全部通ってわかった
「ここを見て選べ!」男性編

「あいかわらず立派なお腹ね、ハラデくん」

「やめてくださいよージバラ先生。僕、ハラデじゃなくて原田です!」

「ボーッと生きてるからハラデって呼ばれちゃうのよーっ。また太ったでしょ!」

「だって仕事の付き合いはあるし、ストレスで食欲が止まらないし、ジムに行く時間なんか作れそうにもないし。。。」

「そーやって最初から諦めるから肥大化が止まらないのよ。自腹でフィットネス通い歴20年の私にまかせなさーい!あなたでも通えるフィットネスを伝授してあげるわ♪カラダ作りも効率化の時代。心してかかるのよ~!!!」

「ぉお先生から後光がっ!そういう押し付けがましい感じ、嫌いじゃないっス。どこまでもついて行きます~!」

ジバラ先生profile:
自腹でフィットネス通い歴20年、利用したフィットネスは公営施設も含め50箇所超。筋トレ大好き、身体いじめ大好きで、バッキバキの腹筋が自慢。フィットネス選びには一家言ある。

イラスト:ヒラマツオ

【価格】やっぱり値段が一番気になるんだけど……

「一口にフィットネスと言っても、大手の総合型だけでなく、プライベート系、24時間型ジムやヨガスタジオなんかもあるじゃないですかー。だいたい僕みたいな生活してて、定期的に通えるのか、月会費をムダにしちゃうんじゃないかとか思っちゃうわけですよ」

「さりとて自分で毎日ランニングする根性もない、というわけね」

「ハイ、お察しの通りw」

「これだけ選択肢が増えてきたら迷うのも無理ないわね。そういう人にこそ、総合型が一番おすすめよ!」

「えー、それって高くないですか?初心者のボクちんとしては、できるだけ安く始めたいなーなんて」

「自分に合う運動スタイルが見つかっていないうちは、価格優先で選択肢を切り捨ててはダメよ。費用を抑えようと特化型を選んで、ウッカリ自分に合わないスタイルだったら、運動自体イヤになってやめてしまうことにつながりかねないわ。なので最初は総合型でいろいろ試してみるべき。利用シーンを絞ると、意外に安く使えるのよ~」

「へええええ、そういうもんなんですねー。利用シーンって何ですか???」

「どんな運動を、どの曜日・時間帯にしたいか/できるか、ということ。ジムやフィットネスには様々な会員種別があるから、自分が行ける曜日や時間帯に合ったものを選ぶと良いわ。なんなら総合型で、数ヶ月の「全部載せ」利用の後に、会員種別を決められるキャンペーンも時々やってるから、そういうのを利用して自分の傾向をまず知るのがいいんじゃない?」

「いろいろな枠で試せるのは確かに良いですね!どの時間帯に一番好みのスタッフさんがいるのかなっと。。。」

「……あ``―まぁ動機は人それぞれってことで。。。」

【価格まとめ】
・自分に合う運動スタイルが見つかっていない初心者さんは、価格優先で切り捨ててはダメ。合わないものを選んでしまった場合、運動自体やめてしまうことにつながりかねません。
・キャンペーンなどを利用すると、お金をかけずに自分に合った時間帯を知ることができます。

【立地】家の近くが一番いいの?

「利用シーンを絞って割安に、と聞いて思ったんですけど、会社の近くと家の近くの店舗じゃどちらが良いんでしょうね?」

「店舗の立地はフィットネス選びで一番大切なことよ。ハラデくんは平日通えるの?」

「ほぼ毎日帰宅は遅いので、フィットネスに行けるとしたら基本は土日ですかね」

「じゃあ家の近くにある店舗を探すことね」

「平日も1~2日くらいは行けるかなあ。こんな僕でも契約できる割安な会員種別ってありますか?」

「店舗にもよるけど、たとえば1日60分だけ利用できる60分会員なんてのがあるわよ。60分だけとはいえ、正会員より3割くらい安いのに曜日に制限はないから、こまめな運動習慣をつけたいなら良いんじゃないかしら」

「ちなみに僕、出張も多いので、月会費が無駄にならないかも心配で」

「いっそのこと全国エリア会員になるというのもひとつの手ね。月会費は高くなるけど、運動できる機会は増えるから、考えようによっては割安。出張先はもちろん、会社の近くでも空き時間に利用できて便利よ」

「なるほど、逆転の発想ですね!出張先で時間を持て余すこともありますからね~」

「とにかく声を大にして言いたい一番のキモは、会社と家の動線上にあること!!!

「せ、先生、声がデカすぎますっ(^◇^;) 動線上じゃないけど近い、じゃダメなんですか?」

「わざわざそのためだけに行くとか、会社から疲れて帰宅後に改めて出かけるとか、考えただけでもムリがあるわ。こういう心のハードルはできるだけないほうが良いのよ」

「そう考えると、動線上にあって、会社の近くにも家の近所にも店舗がある、この24時間型ジムなんかどうですか?」

「ちょっと待ったーーっ!!!通いやすさはもちろん重要だけど、24時間型ジムはマシンによる筋トレが多いの。どちらかというと、私みたいにいろいろ経験してきた上で、マシンだけ効率的に毎日でもやりたいって人向けね。トレーナーも少ないから、初心者だとやるべきことを見失いがちだし、運動が習慣づく前に飽きてしまう可能性があるわ」

「でも僕、マシンで筋トレっていうのが一番興味あります」

「そうだとしても自己流でむやみやたらに取り組むよりも、初心者のうちはトレーナーやスタッフのいる総合型で、自分に合ったマシンや方法を知るほうが良いと思うわ。それともう一点、初心者さんにいきなり24時間型をおすすめしない理由は、モチベーションの問題」

「モチベーションのなさには自信があります!!!」

「そこだけ自信満々って(-_-;) 最初のうちはトレーナーやスタッフ、利用者さんも多い環境で、追い込んでくれる誰かと一緒にやる、運動を習慣づけるということが非常に大事なワケ。自分で毎日ランニングできない人が、スタッフも利用者さんも少ない24時間型ジムに自発的に通えると思えないわ。いつでも行けても、いつでも行きたくなる理由もなければ、結局行かない!!!」

「ぉお、力入りまくりのお言葉、ありがとうございます。……で、立地はどうすれば???」

なのでまずは立地を優先した総合型から選ぶべきっ!!!

「なるほどー……って、まだフィットネスに通うとも決めたワケじゃないっスw」

【立地まとめ】
・「いつ、どんなふうに」利用するか、まずイメージしよう。基本的には会社や自宅至近が一番便利だが、利用方法次第ではそれ以外の場所のほうが良い場合も。
・家の近くにあっても、通勤動線上でなければ意外に行きづらい。

【営業時間】営業時間は長いほうが良いの?

「いま見てるこの2箇所、営業時間が全然違うんですよね〜。こっちは一般的な時間帯だけど、もうひとつは24時間営業だし」

「利用シーンを絞ったほうがいいと言ったけれど、お財布が許すなら、本当は幅広い時間帯で行ける店舗・種別のほうが良いのよね。ライフスタイルが多様化してきているから、いつでも行けるのは確かに便利。行きたかったけど営業してないし〜なんて、自分に言い訳もできなくなるでしょ( ̄― ̄)」

「ず、図星ですっ(-_-;) 実際、早朝や深夜に需要なんてあるんですか?」

「例えばサービス業に従事しているなど、遅くまで働いている人には、フィットネスの深夜営業はありがたいもの。早朝は、出社前に身体を動かしたい人で結構賑わっているわよ。頭も身体もシャキッとして仕事もはかどるから、私も早朝に行くのは好き。朝からランニングエリアで10km走ってるわ」

「ど、どんなスピードで飛ばしたら10kmも……」

「ちなみに、早朝の時間帯だと普段会わない人との出会いもあるわね。以前早朝のスタジオプログラムを受けたとき、ホストの彼氏ができたわ」

「ぉお、そんな出会いも!で、どーなりました?」

「忙しすぎて昼間は会えないけど、夜ならお店で会えるよって言われたの♪」

「……で、お財布が許さなくて、幅広い時間枠の会員種別を選べない僕はどうすれば?」

「24時間営業というと、真っ先に24時間型ジムをイメージすると思うけど、最近は総合型でも早朝〜深夜までと営業時間が多様化しているし、24時間営業の店舗もあるわ。24時間型ジムはサービスの点では手厚いとは言い難いので、総合型のほうがやっぱり初心者にはおすすめね。」

【営業時間まとめ】
・営業時間は長いほうがやっぱり便利。

【設備】どういう点に注目すべき?

「設備面ではどういうところに注目すべきですか?」

「私がフィットネスで一番外せないと思っているのは、実は大浴場なの!私だけじゃなくて、そういう声は本当に多いわ」

「シャワーだけじゃだめですか?こっちのホットヨガも気になってるんですけど、シャワーしかなくて」

「もちろんダメではないけれど、大浴場があると家のシャワーやお風呂より全然リラックスできるわ。ここだけの話、疲れて運動はちょっと……というとき、大浴場だけ入って帰ることもw そうそう、ホットヨガを選ぶなら、シャワーブースの数に気を付けてね」

「え、どういうことですか?」

「レッスンが終わってシャワーを浴びようと思ったら、シャワーブースが少なくて争奪戦になるスタジオがあったわ。争奪戦に敗れて2巡目だと、すっかり身体が冷えちゃって。。。夏は我慢できたけど、冬が来る前に解約しちゃったわよw」

「マジか。そうなんですね~」

「そこはロッカーも小さくて、入会直後から、あーこれはコートは入らないなーとも思ってたからねw 男性側は特にシャワーブースの数が少ないから死活問題だと思うわっ」

「24時間型ジムはどうなんでしょ?」

「24時間型ジムも基本的にはシャワーしかないし、ブースの数も多くないわ。総合型で大浴場のある生活に慣れたら、家の風呂掃除をしなくて良いからほんと助かってるわぁ。そーいえばハラデ家のバスルーム、あんまりキレイじゃなかったわよね。。。」

「先生の話を聞いてて、いっそのこと総合型に入会して風呂なし物件に引っ越そうかと……」

「あ、そういう人、意外にいるわよぉw 家賃、光熱費が抑えられるし、カラダも鍛えられて一石二鳥って」

「他にはどんな点を見れば良いです?」

「細かいことだけど、会社帰りに寄りたいなら、プライベートロッカーがあるとか靴が預けられるなんてところは地味にありがたいわね。意外な点では、24時間型ジムの駐輪場!24時間型ジムは比較的規模が小さめだから、専用の駐輪場がないところも多くて困るのよね。しかたなく自転車を店舗前に置いていたら、ある時撤去されてて、思わず運営会社に怒りの投書しちゃったわよ。。。」

「先生、て、敵に廻すと怖すぎますっ」

【設備まとめ】
・大浴場や駐輪場なども重要なポイント。入会前にしっかりチェックしよう。

【プログラム】ホットヨガやりたいんだけどヘタレです!?

「ヨガとかにも、ちょっと興味あるんですよね。男性でも行けるのかな?」

「いろいろ興味が向くのは悪いことじゃないわね。最近は男性にも人気があるわ。でもヨガやダンススタジオ、新しいタイプのフィットネスにせよ、レッスン制のものは、土日や会社員に通いやすい時間帯を中心に、予約が集中して取りにくいわよ」

「やっぱそうですよね~。平日予約入れてても残業が入れば行けなくなるし」

「当日まで予約もキャンセルもできるところは多いけれど、あんまり直前になってキャンセルするとペナルティがついて、以降予約できなくなるわ」

「でも、どうしてもホットヨガやってみたいんですよ~。あと、VRサイクリングとか、そういう今っぽいのも」

「暑い部屋でやるのが合わない人もいるし、いきなりホットヨガしかないスタジオに入会するのは微妙すぎるわね。。。総合型でも、最近はホットヨガやVRサイクリングをやっているところがあるって知ってた?プログラムはどれも空きがあれば予約なしで参加できるから、初心者さんだけじゃなく、前もって予定を立てにくい人には良いんじゃないかしら」

「予約なくてもできるのは良いですね!でも男性の参加者ってどのくらいいるのかなあ」

「女性に比べると、やっぱり圧倒的に参加人数は少ないわね。そうそう、以前ホットヨガで隣になった男性のニンニク臭がすごくて、ドン引きしたことが。。。」

「ヤバっ、レバニラ餃子定食好きとしては、ヨガスタジオではモテないってことッすか!?」

【まとめ】続けるのは大変じゃない!?

「先生の話を聞いてたら、このお腹もカンタンに引き締められそうな気がしてきました!」

「ぉお、その調子!でも続けることが一番大切だからね。実際、フィットネス通いが大好きに見える人でも、行きたくなる理由をできるだけつくり、さらに自分を追い込んで、行くようにしてるものよ」

「えっ、そうなんですか!?みんな先生みたいに、身体をいじめるのが好きな人たちなんだと思ってました」

「そんなことないわよーっ。私だって天気の悪い日は行きたくないし、休みの日にまで早起きしたくないのは同じよ。でも自分の身体がなまっていくのが許せないから、一日でも長く続けられるように自分自身でモチベーションを上げてるのよ~」

「そうなんですね。。。どうやったら続けられますか?」

行きやすい場所を選ぶなどして、利用の負担を減らす。お目当ての美人を見つけるとか、楽しいこととフィットネスをセットにする。家族や友達と行く、トレーナーさんについてもらうなど、誰かと一緒に行うのも続けやすくなるコツよ。それでも続かなかったら、店舗や利用フィットネスを変えるなど、潔く方向転換するのもアリね。とにかくあんまり難しく考えず、1日でも長く続けること!」

「おぉ、最後に素敵なアドバイス、ありがとうございます!」

「で、どこのフィットネスに行くか、もう決めたの?」

「イエー、レバニラ餃子定食食べてビールでも飲んで、一晩寝てゆっくり考えますよ」

「そんなだからいつまでもハラデなのよーっ!」

「まぁまぁ、睡眠イメトレなんですってばw」

【まとめ】
・一番大切なのは「一日でも長く続けること」。
・そのために、「利用の負担を減らす」「楽しみとセットにする」「誰かと一緒に行う」等、工夫してみよう。
・続けるのが難しくなったら、潔く方針転換するのも手。