イメージ画像

朝の筋トレが効果的?
運動ですっきりと一日をスタート

運動不足解消やダイエットをしたい方の中には、筋トレや運動をいつ行うか悩む方も多いかもしれません。迷っている方は、朝に筋トレや運動を始めてみてはいかがでしょうか。
仕事を終えてから、夕方から夜に筋トレや運動を行う方は多いですが、朝に筋トレや運動に取り組むことには多くのメリットがあります。その一方で、健康を損ねないためにいくつか注意点もあります。ここでは、朝に運動することのメリットや行う上での注意点、さらに朝におすすめのエクササイズをご紹介します。

朝に運動・筋トレを行うメリット

朝に体をしっかりと動かすことは、一日を健康的に過ごしたり、ダイエット効果を高めたりなど、さまざまなメリットが期待できます。まずは、朝の時間帯にエクササイズに取り組むメリットについて見ていきましょう。

イメージ画像

自律神経のリズムが整いやすい

自律神経は体を活発な状態にする交感神経と、リラックスした状態に整える副交感神経のバランスによって成り立っています。朝は、睡眠時に優位になっていた副交感神経から、起床後の活動に向けて交感神経へとスイッチが入れ替わる時間帯です。
朝に筋トレや運動を行うと、副交感神経から交感神経への切り替えがスムーズになり、自律神経のリズムとバランスが整いやすくなります。朝から体を活動的な状態にすることができるでしょう。

一日の代謝が良くなり、ダイエットにも◎

朝から体を動かして交感神経を刺激すると、血行が促進されます。その結果、エネルギーを消費するために必要な基礎代謝も向上。朝に体を動かすことは、日々の代謝を上げてしっかりとカロリーを消費し、ダイエット効果を得たい方にもおすすめです。

血行が促され、集中力アップ

運動によって血行が促進されると、起床後のリラックスした状態から脳が活性化され、集中力が向上しやすくなります。仕事や家事などで、午前中から高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

夜の睡眠の質が向上する

朝の時間帯にエクササイズを取り入れることで疲労が適度に蓄積され、夜に自然と眠くなるサイクルが整います。ぐっすりと眠れるため、睡眠の質の向上も期待できるでしょう。早寝早起きを継続すれば、規則正しい生活習慣への改善にもつながります。

朝に運動・筋トレを行う際の注意点

メリットの豊富な朝の筋トレ・運動ですが、いくつか注意点もあります。健康的な一日を過ごすためにも、必ず確認しておきましょう。

イメージ画像

運動は起床1時間以上すぎてから、ウォーミングアップも忘れずに

起床して間もなくは、まだ交感神経の働きが鈍く、体も覚醒していない状態です。無理に体を動かすと負担が大きいため、起床から1時間以上経過してから筋トレや運動を行うことが望ましといえます。
また、ウォーミングアップすることも忘れずに。筋トレや運動を始める前に、ストレッチなどでじっくりと体をほぐしておきましょう。

過度な運動は避ける

朝からハードな筋トレや運動を行うと、午後にはエネルギー切れを起こしてしまうリスクがあります。また、人は体温が下がるタイミングで眠気を感じやすくなります。激しい運動で体温が急激に上がると、下がるタイミングで眠くなってしまい、仕事や家事などに集中できなくなるおそれも。
一日元気に過ごせるよう、朝の筋トレや運動は20~30分程度と、無理のない範囲で取り組みましょう。

水分補給を欠かさない

夜に眠っているあいだ、人は汗や呼吸などによってたくさんの水分を失っています。その状態で筋トレや運動を行うと、脱水症状を起こす危険性があります。筋トレや運動をする前、起床後にまずコップ1杯の水や白湯を飲むと◎。脱水症状を防ぐためにも、運動前・運動中・運動後の水分補給を心掛けましょう。

イメージ画像

運動は軽く糖分をとってから

空腹の状態で無理に体を動かすと、血糖値の低下によるめまいや体調不良の原因になることがあります。
特に、朝食前の筋トレや運動はエネルギー切れのリスクが高いですから、運動前は軽食をとっておきましょう。糖分が豊富で手軽に食べられる、バナナなどのフルーツ類やヨーグルトなどがおすすめです。

朝の運動・筋トレに適したエクササイズは?

最後に、朝の運動・筋トレにおすすめのエクササイズをご紹介します。
朝のウォーミングアップに最適といわれているのが、広範囲の筋肉を適度に刺激できる「グッドモーニングエクササイズ」です。これは、朝に起き上がる動きと似ていることから名づけられたエクササイズで、太ももやヒップ、背筋などの大きな筋肉を鍛える運動によって、ボディメイクにも欠かせない基礎的な筋力を養うことができます。基礎的な筋力がついてきたら、徐々にウエイトや回数を増やしていきましょう。

ハムストリングスと腰を鍛えるダンベルトレーニング

グッドモーニングエクササイズの中の、ダンベルを使ったトレーニングでは、太もも裏の筋肉全体と腰を重点的に鍛えらます。
ダンベルトレーニングといっても、初心者でも取り組みやすい負荷のため、朝のワークアウトにぴったり。無理なく持てる重さのダンベルで実践してみましょう。家にダンベルがない方は、ペットボトルで代用してみてください。

<トレーニング手順>

1. 背筋を伸ばし、足を肩幅に開いて立ちます。

2. ダンベルをそれぞれの手に持って、背中側にぶら下げるようにして首のつけ根にひっかけます。ダンベルを肩甲骨の上に置くイメージです。

イメージ画像

3. ひざを軽く曲げた状態で、上半身を腰から倒します。お尻の筋肉に力を入れながら行いましょう。

イメージ画像

4. 床に対して胸が並行となる位置まで上半身を倒したら、元の位置に戻ります。体幹を意識しながら繰り返しましょう。

2~5kgのダンベルで、1セット15回を目安に取り組みます。
フォームのポイントは、上半身を倒すときはお尻を後ろに引いて、背筋をまっすぐにしたまま行うこと。猫背になったり、反らせたりしないように注意しましょう。また、頭は無理に持ち上げなくてもOK。背骨と直線上に並ぶよう意識してください。

イメージ画像

お辞儀のポーズで太ももをシェイプアップ!

続いてご紹介するのは、グッドモーニングエクササイズの中でも、ハムストリングス(太ももの裏側の筋肉全体)を重点的に鍛えるエクササイズです。広範囲の筋肉を鍛えられ、太もも全体のシェイプアップにも効果が期待できます。

<トレーニング手順>

1. 足を肩幅に開いて立ちます。頭の後ろで手を組み、胸を張りましょう。

イメージ画像

2. 腹筋と背筋に力を入れながら、お辞儀をするように上体を倒していきます。その際、腰や背中を丸めないように注意しましょう。「1」の姿勢をキープしつつ、腰から直角に上半身を倒すイメージです。

3. 4秒かけて上体を倒し、再び4秒かけて戻すという動作を繰り返しましょう。

目標は、1セット10回を3セット。上半身を倒すときにお尻を突き出すようにすると、基本姿勢が崩れにくくなります。

イメージ画像

~おわりに~
朝の適度な筋トレや運動を習慣化すれば、筋力や基礎体力アップだけでなく、一日を健康的に過ごせるよう自律神経を整えられたり、規則正しい生活リズムへ改善したりと、さまざまなメリットが期待できます。水分補給やウォーミングアップをしっかり行い、心地良い疲労感を感じられる範囲で、朝のエクササイズに挑戦してみてはいかがでしょうか。

より本格的に筋トレや運動に取り組みたい方は、ジムやスポーツクラブのご利用もおすすめです。
総合スポーツクラブのルネサンスでは、セルフトレーニングなら24時間ご利用いただけます。そのほかにも、お客様のライフスタイルやニーズに合わせてさまざまなプログラムをご提案し、初心者の方でもトレーニングを続けられるよう、サポートも充実しています。ご興味のある方は、お近くのルネサンスクラブの見学予約から、ぜひご検討ください。
https://www.s-re.jp/admission_guide/experience/